2日前に投稿
そして、これを読んでくださった団塊世代の方にお伝えしたいこともあります。
これは、もしこれから若い世代と働くことがあったら参考にしていただきたいことです。
①見限るの早いです
若ければ若いほど、転職志向が強いです。
ですから、仕事にせよ人間関係にせよ本当にちょっとしたことで文句を言います。
それは、根性がなくなったというより見限るのが早くなっただけです。
②教育的指導とかいりません。
暴言好きなだけはいておいて、あとでフォローするなんて茶番は通用しません、
だって、その「あと」が来るまでにやめますもん。
③若者だろうと怒らせたら泣き寝入りはしてもらえません
下からでも上司のクビをきる手段なんて山程あります。
労組を動かさなくてもパワハラの捏造、鬱診断をとってくる、
人対人になったときに道連れにすることなんていくらでもできます。
そんな手段山程ネットに転がってます
5日前に投稿
1週間前に投稿

(出典: hsgn)

1週間前に投稿
2週間前に投稿
3週間前に投稿
3週間前に投稿
1ヶ月前に投稿
 大学時代に酒豪のクラスメートがいたが、彼はよくを飲んでいた。彼の机には酢の瓶がいつも置いてあり、コップについではガブガブと飲んでいた。彼が言うには、酢がすごくうまいのだという。しかも酢を飲むと集中力が高まり勉強がはかどるのだという(そんなことあるかいな)。

 しかし、この謎が30年以上も経ってようやく解けたのであった。アルコールを飲み続けると、脳の神経細胞はアルコールの代謝産物である酢酸ばかりをエネルギー源として利用するように変化してしまうという論文が出たのである。彼は、ブトウ糖よりも酢酸を好んで消費するようになった脳の命令に従って、昼間から脳のエネルギー源として酢を好んで飲んでいたのだ。今、ようやくクラスメートの謎が解けたのであった。
1ヶ月前に投稿

(出典: f2-gadrie)

1ヶ月前に投稿

(出典: f2-gadrie)